Cチーム・チクサクコール!

GWも後半に入りました!

そして、元号『令和』が、昨日5/1よりはじまりました!

そんな記念すべき令和元年、最初の試合は、5/2『鵠南FC招待杯~サイレントカップ~』

6チームによるカップ争奪戦、Cチームは全員出場で優勝を狙います!

サイレントカップは、文字通り、コーチはベンチに入らず、声に出す指示やアドバイスなどは一切行わず、試合中は、選手たちが主体となり、ゲームを進めていくという珍しい大会。

選手たちは、コーチの声がないといういつもと違う雰囲気の中、自分たちのアタマで考えながら、戦いました。

もちろん私たちコーチも、いつもより冷静に試合を観ることができ、今後の育成や練習課題も見え、とても有意義な日となりました!

今日は、Cチームの円陣、『チクサクコール』の様子をアップします。

以前も書きましたが、試合開始のホイッスルがなるまでに、いかに集中し、強い気持ちになれるか、ゲーム内容や、勝敗に大きく左右します。

ベンチも含め、チームを鼓舞し、ひとつにするためのチクサクコール!

1年前、あまりに下手で、練習の最後に、チクサクコールを何度も練習したことを思い出します。(笑)

今では、カッコいい感、出るようになりました!(笑)

残念ながら、今大会は、6チーム中、4位でしたが、全員で取り組んだ結果なので、選手たちも、良い表情をしていました。

そして、一番驚いたのは、帰りに聞いた、選手ふたりの言葉。

ある選手は、『今日、はじめてコーチがいることの大切さを知りました』

もうひとりの選手は、『コーチの声がなかったので、なかなかスイッチが入らなかった』

うれしいこと言ってくれますね。(笑)

チクサクチクサク!!